Windows で gnuplot をインストールするには Cygwin がおすすめ: gnuplot と xinit を一緒にインストールする

2017年8月18日

gnuplotをWindows上で使う場合、Emacsとの連携なんかを考えるとCygwinからインストールするのがおすすめです。

Windows上のスタンドアロンのgnuplot(wgnuplot)もありますが、それだけだと使いにくいのが実情です。 ちょっと使うだけなら、それでも良いと思いますよ。(どうしてもスタンドアロンが良いという人は、米澤さんという方がxyzzyのマクロを書いておられるので、そちらを使うのも良いかも。)

ちなみにCygwinを使うと、R(統計分析ソフト)、Octave(MATLABライクな計算言語)、Maxima(数式処理システム)などもインストールが簡単です。 Ruby, Python, Perl, C, C++などのプログラミング言語のインストールも簡単にできます。

Cygwinを使うgnuplotのインストール

Cygwin webページ からインストールプログラムをダウンロードしてきます。

使っているWindowsが32 bitか64 bitかでプログラムが違いますので注意しましょう:

  • 32 bitの場合 setup-x86.exe
  • 64 bitの場合 setup-x86_64.exe

64 bitの場合を例に説明します。

Cygwin インストーラーの起動

setup-x86_64.exeをダブルクリックします。

“Install from Internet”を選びます。

インストールするディレクトリを指定します。よく分からなければ、そのままで良いと思います。

ダウンロードしたパッケージを格納するディレクトリを指定します。適当な場所を選びます。 ぼくの場合はマイドキュメントフォルダにcygwinフォルダを作って、そこを指定しています。

ネットワーク接続を選びます。会社や学校などではProxyを選ぶ必要があるかも知れません。

パッケージをダウンロードするサイトを選びます。ぼくは日本のサイトを選んでいます。たいていはftp.iij.ad.jpを選びます。

インストールパッケージの選択

gnuplotと同時にxinitをインストールします。

下図の画面の左上をcategoryにして、その横で検索すると楽です。gnuplot, xinitとそれぞれ入力して選択します。

“skip”のある欄をクリックして、”install”にします。

gnuplotとxinitの二つだけにチェックを入れておけば、インストーラーが依存関係から必要なパッケージを自動的にインストールしてくれます。

途中経過が表示されます。

下のようになってインストールは完了です。

ホームディレクトリを指定

推奨されていないようですが、Windowsの環境変数 HOME を指定します。

Window10の場合、コントロールパネル→システム→システムの詳細設定→環境変数、ユーザー環境変数を新規に作成します。

環境変数のボタンをおします。

ユーザー環境変数を編集します。なければ新規に作成します。

ぼくの場合は増設したHDDに個人データを入れています。それはドライブネームをHにしてあるので

h:\home\myname

のように指定しています。

Windowsのユーザーのドキュメントがあるところを指定したい場合は、上記のHOMEに

C:\Users\myname\Documents
を設定します。

指定しなければ、デフォルトではc:\cygwin64\home\myname がホームディレクトリになります。

X-serverの環境変数DISPLAYを指定

Cygwinを初めてインストールした場合は一回ターミナルを起動しましょう。 そうするとホームディレクトリに.bashrcというファイルが出来ます。その中に下の設定を追加しておきます。

export DISPLAY=:0.0

シェルがzshの場合は~/.zshrcです。

参考にしたページ: http://keisanbutsuriya.hateblo.jp/entry/2015/01/25/221642

X-server起動のショートカットをスタートアップにコピーする

gnuplotを使う場合、先にX-serverを起動しておく必要があります。ですから、スタートアップで起動します。

X-serverのショートカットは、次のところにあります(Windows10の場合)
C:\ProgramData\Microsoft\Windows\Start Menu\Programs\Cygwin-X

ここにある”XWinserver”のショートカットをスタートアップのフォルダ

C:\Users\myname\AppData\Roaming\Microsoft\Windows\Start Menu\Programs\Startup

にコピーしておきます。上の”myname”の部分は自分のユーザー名です。

Cygwin で gnuplot を起動した例

X-serverを起動する

先にX-serverを起動しておきます。スタートメニューにCygwin-Xというメニューが増えています。そこからXwinServerを選びます。

なお、スタートアップで起動してある場合はこの作業は不要です。インジケーターで確認しましょう。

起動すると、Windowsのインジケーターにアイコンが増えます。

cygwinターミナルの起動

まずcygwinのターミナルを起動します。スタートメニューから選びます。

すると下のようなターミナルが現れます。

環境変数DISPLAYの設定を打ち込む

.bashrcで設定済なら不要です。

echo $DISPLAY

と打ち込んで”:0.0″となっていればOKです。なっていなければ、上のように”export DISPLAY=:0.0″と打ち込みます。

gnuplotの起動

gnuplotと打ち込みます。下のような起動画面が現れます。

関数をプロットする

サイン関数をプロットしてみます。

plot sin(x)

と打ち込みます。

gnuplot

Posted by Gordius