積分記号を大きくする: bigints.styを使う

LaTeXで積分記号を大きくしたい時は bigints.sty を使います。

コマンドとタイプセット結果は以下のような関係です。

コマンド
\bigint
\bigints
\bigintss
\bigintsss
\bigintssss
\int

上記のソース例(bigintの場合のみ)は以下です:

\documentclass{jsarticle}
\usepackage{bigints}
\usepackage{amsmath}
\begin{document}
\pagestyle{empty}
\[
 \bigint \cfrac{1}{\sqrt{2\pi \sigma^2}}
 \exp\left(-\cfrac{\left(x-\mu \right)^2}{2\sigma^2} \right)  \, \mathrm{d}x
\]
\end{document}

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください