Prism / Prism Jam

プリズムの旧譜・KEEPの旧譜がデジタル・リマスタリングされていたで紹介した時は、この”Prism Jam”が品切れで買えませんでした。

その後、再度ページを見たら在庫があったのでようやく入手できました!

和田アキラと森園勝利のツインギター、村上ポンタ秀一と木村万作のツインドラム、佐山雅弘のキーボード、渡辺健のベース。 ポンタや森園がいるので、雰囲気としてはHome Comingです。

これはマジで良いです。絶頂期のPrismのライブと言って良いでしょう。 (実際にはこの時期の渡辺健は少し燃え尽き気味だったようですが…。)

何と言っても和田アキラ師匠が絶好調!。 サウンドは、クリーンも歪みも良い。クリーンは”あのサウンド”です。 歪みはリードとバッキングで使い分けしてます。リードは軽くジャリジャリ感があって絶妙なトーンです。 フレーズ的には90年代のアキラ師匠のストレッチ多用フレージングが聴けます。

曲が”Beneath the Sea”, “Karma”, “Desperation Part I, II”, “Prism”と初期のハードなナンバーが中心なのも、Home Comingっぽさを強くしますね。 個人的には”Desperation”が嬉しい。この曲ってあまり演らないんだよな…。

意外と、と書くとホント失礼ですが、森園勝利がとてもカッコいいし良い味を出しています。”Beneath the Sea”の最後の部分のキメフレーズも森園が弾いています! “Karma”でも森園のソロは良いです。アキラ師匠・森園のツインギター絶好調で間違いなく「買い」です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください