ジョン・スコフィールド / タイム・オン・マイ・ハンズ

ストレート・アヘッド路線のジョンスコの名盤です。(世の中的にどう言われているかは知りませんが…。)

前作のフラット・アウトがストレート・アヘッドとニュー・オリンズR&B路線が混ざって散漫気味でしたが、こちらは割と統一感があります。

フロントはジョー・ロバーノとジョンスコのニ頭スタイルで、同時期にはマイク・スターンもボブ・バーグとで二頭スタイルでしたね。 このアルバムはジャック・ディジョネットとチャーリー・ヘイデンが参加しているので、ちょっとした「スーパーバンド」。

ぼくの場合は、全体的にディジョネットのドラムに耳がいってしまう。ライド・シンバルやタムの音がディジョネットだと分かります。 存在感があるのに、バンドの中ではスペースがすごくあるように聞こえる。

最後の”Fat Lip”はかなりロック(?)な演奏で、張り詰めた雰囲気に引き込まれます。 この曲のドラムソロはめちゃカッコいい! しっかりテーマに戻れているのはジョンスコだけというのが笑えます。

アップテンポの曲やしっとりした曲、ロックな曲とバリエーションが豊富なアルバムで、11曲と多めなのに飽きずによく聞きました。 なかでも”Since You Asked”, “Flower Power”, “Nocturnal Mission”, “Time and Tide”などのバラード系が好きでした。 “Flower Power”は名曲。イチオシです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください