マイルス・デイビス / The Man with the Horn

マイルスのブランク後の復帰作です。 マイク・スターンが参加しています。が、参加してソロをがんがん弾いているのは1曲目の”Fat Time”だけです。残念。

でも、ここでのソロはかなり良いです。 メカニカルで、ポリリズミックなフレーズやラン奏法などスリリング。 ちょっと粗い部分もありますが、それも味。 クロマチックなフレーズも、ウニウニ感が控えめです。

サウンドは、もろコーラス使ってますというトーンです。 途中で、定位が左右に振れるのはコーラスっぽいです。 全体的にトレブリーですね。

この時期に使っているギターはたぶん白いストラトでしょう。

このストラトはブリッジ・ピックアップのスラント角度が普通と逆になってます。 ジミヘンを意識なのでしょうか。

1曲目以外のギターはバリー・フィナティです。バッキングのみ。

このアルバムはサックスのビル・エバンスが絶好調です。 こんなに良いサックスを吹く人なんですね。

惜しむらくは、アルバム全体の音が少し良くない感じがする点です。 安いスピーカーで聴くとほんと安っぽく鳴ります。 どういうことかと言うと、低音がスカスカで、中域より上がうるさい仕上がりに聴こえる。 生々しい感じがしなくもないですが、全体のバランスに失敗しているように思えます。

このアルバムとは関係ないですが、マイク・スターンがマイルス・バンドに復帰した時の動画を見つけました。 テクニックが洗練され、ソリストとしても一皮剥けた感じ。 こういうのが、マイルスの好みかどうかは分かりませんが…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください