Prism / Live Alive vol.2

プリズムのライブ盤で外せないのがこの”Live Alive vol.2″。

深町純・松浦義和が参加している1985年の録音。場所は東京郵便貯金ホールらしいです。 深町純のキーボードの音が印象的なアルバムですね。

1985年といえば”Nothin’ Unusaul”がリリースされた年ですので、それから”Cruiser’s Street”が演奏されています。 これが良い!! 最初に”Nothin’ Unusaul”のバージョンを聴いた時はライブでやると難しそうだと感じたのですが、どっこいライブバージョンも素晴らしい。

若干鼻詰まり気味な歪みも(途中でワウも踏んでますが…)あいまって、グイグイぶっ飛ばしてます。 こういうアップテンポの曲でもよく歌うフレットレスベースなのが、プリズムっぽい。

残りの曲目は”Karma”, “The First Sky and Last Sea”, “Unforgettable”と和田アキラと渡辺健の曲が2曲ずつ(少ない!)。 どれもギター弾きまくり、キーボードソロもカッコいいし、あっという間に聞き終わってしまいます。 プリズムでは一番よく聴いたアルバムかも。

これの前の”Live Alive”(vol.1とはなっていない…)では後で未発表の録音が追加されて発売されましたが、これも他の録音をつけて売って欲しい。

今調べてみたら、松浦義和ってラ・ムーのリーダーだったのか…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください