リチャード・ピーコフ&バジー・フェイトン / インディアン・サマー

バジー・フェイトンがリチャード・ピーコフと演ったアルバム。少しマニアックかも。 バジー・フェイトンが好きな人は持っていて損はないです。

リチャード・ピーコフはアコースティックギターの奏者でこのアルバムではスライドはこの人ですね。 バジー・フェイトンはアコギとエレクトリック・ギターの両方を弾いてます。 エレクトリック・ギターは歪ませて割と速いフレーズを弾いている場面もあります(多くはない)。

リチャード・ピーコフはフィンガー・ピッキングのようですが、曲はフィンガー・ピッキング・ギター風な感じではないです。 (少しそういう雰囲気がする曲もありますが…) アルペジオ的なモチーフをつなぎならが、テーマをどちらかが弾くというスタイルです。

アルバム全体でギターの響きを活かした曲、アレンジです。 ギターのほかはキーボードとパーカッションですが、あまり出てこない。 アコギの音は少しばかりピエゾくさいですが、音は涼しげで夏には向いているでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください