アコギの処分

Fishman Matrix Infinity Narrowの取り付けでFishmanをインストールしたアコギを処分しました。

処分した理由

このギターは15年ほど前に身内に作ってもらったものです。 この身内が困った人で、ムカつくことが多くて、もう弾きたくなくなりました。

最近新しいエレアコを買った: Ibanez AEG10-IIで書いたように、Ibanezを買ったので不要になったのです。

これを買う前はアコギの録音をしたくてFishmanを取り付けましたが、ムカつく人の作ったギターの音源を残すこともムカつくので処分してやろうかと。

ギターの不満

もともとチューニングが狂いやすく(ネックが結構動く)、ガットギターと同じマシンヘッドを使っているので弦の交換が面倒でした。ナットからの角度が一定とかなんとか御託はあるようですが、製作者の自己満足としか思えなかった。

また、ネックが極太でフィンガー・ピッキングの演奏的には良いのかも知れませんが、太すぎてかえって弾きづらい。

購入して数年たったら、ネック裏やヘッドに傷を埋めたパテが浮いてきてがっかりした、ということもあります。これはひどかったね。これで信用しなくなった。

一番イヤなのが、タバコ臭いこと!。楽器全体からタバコ臭がするのはマジ勘弁です。タバコを吸う人は臭いに鈍感なんですよね。

オークションやメルカリでの売却の検討

オークションやメルカリで売るのも少し面倒臭そうです。というのもラベルを剥がしてしまっているから。

買った当初すぐに製作者とムカつくことがあって、頭にきてラベルをメリメリ剥がしてやったのです。

製作者の有名・無名はともかく、製作者が分かるとそれなりに売りやすいのですが…。それも無理なので処分するしかない。

上で述べたように、結構不満だらけのギターなのでクレーム対応も面倒だし。

Fishman Matrix Infinityのアンインストール

これだけはちゃんと取外します。ガットギターを買ったら取り付ける予定です。

幸いちゃんと取外しできました。

処分方法

粗大ごみで処分してきました。幸い近所に粗大ごみの処分場があるので、クルマで運んで処分できました。 娘の自転車と一緒に処分してもらって400円。

終わりに

仲の良くない身内に楽器などは作らせてはいけませんね。処分できてスッキリ。チョー気持ちいいです。

ギターへも不満があるし(言っても無駄だし)、製作者にも不満あるしで、モヤモヤしてストレスがたまるギターでした。

御祝儀として代金を支払ったのに何の感謝もされないし、客扱いもしない。上から目線で製作者の方が上みたいな態度でほんとDQN野郎でした。

最近はそいつのギターも売れないようなので、ネガキャンする必要すらないです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください