ギターのピックアップ交換: ブリッジをVanzandt Rockにした

2017年9月15日

あいも変わらず、ギターのパーツ交換。ピックアップをまた交換しました。ブリッジポジションにつけたSeymour Duncan JB Jrは何と言うか中途半端な感じがしています。 20年ほど前にHot Railsをブリッジとネックにつけたことがありますが、クリーンは全く使う気がしなかったですね。結局ハーフトーンかタップにして使っていました。そんな少ない経験からやはりシングルに戻そうかと思いました。

いろいろ迷ったのですが結局、Vanzandtのシングルピックアップを試してみました。最近はEric JohnsonにはまっているのでやはりRockを選びました。ちょっと弾いた感じでは、今までで一番良いリアシングル…だけど、眠かったから正気に戻ったら違うのかも知れません…。

Vanzandtのピックアップはポールエンドの面取りがしてあるのが特徴的ですね。

VINTAGE PLUSをベースに、コイルのターン数を増やし、パワーアップさせたモデル。エリック・ジョンソンをも魅了したパワフルなトーン。ブリッジポジションにオススメです。

VINTAGE PLUSをベースに、コイルのターン数を増やし、パワーアップさせたモデル。エリック・ジョンソンをも魅了したパワフルなトーン。ブリッジポジションにオススメです。