ネガティブ・ハーモニー本の田中裕一さんが解説するギターの弾き方・構え方と左手編

【ギタリスト田中裕一が解説!】知らないと損するギターの構え方&左手の押弦 | 音マグ

ネガティブ・ハーモニー本で知られるギタリストの田中裕一さんがとても良い解説をされています。

ギターの構え方と左手の押弦についてです。

左ひじが90度以内と3点固定は考えたことがなかったので新鮮です。

あと、左手は腕を後ろに引っぱる感じというのもあまり意識してなかったですね。言われてみればそうしてるかな。

頭の上から見た時のギターの角度も興味深いです。身体の正面に対してだいたい45度くらいになるのが良さそうです。

そうしないと左腕が窮屈になります。だから、これは無意識に実践していますね。3点固定をする時点でだいぶ形は出来る気はしますが…。

右手編に期待です!

ネガティブ・ハーモニーについての解説です。スケールの作り方など目からウロコの内容もあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください