真空管ギターアンプ(Fender Champコピー)の製作: キャビネット製作編

キャビネットに収めるほうが、ギターアンプっぽくて愛着が湧くというものです。 実際、キャビネットに収めると、とても愛おしいアンプになりました。

林さんの本ではキャビネットには収めていませんが、ここではキャビネットを作ります。

準備編と配線編は次のリンクをどうぞ。

スピーカーをどうするか

エレキギターはアンプまでが楽器だと思っています。なかでもスピーカーは最終的に音を決めてしまうので、大変重要です。

ただ、もし気に入らなければ変更も割と容易です(部品代はかかりますが…)。いろいろ試すことは大事です。

まずスピーカーを選びます。ぼくはJensenのスピーカーJensen ジェンセン 8インチ・スピーカー・ユニット C8R 8Ω 【国内正規輸入品】を選びました。

これは値段も手頃で、評判も良さそうです。 Amazonでも買えますが、Soundhouseさんの方がお安いです。 (下のスピーカーの写真をクリックするとSoundhouseさんの商品ページに飛びます。)

JENSENの8インチ・ギターアンプ用スピーカーC8Rは、輝くような高域を持つクリスタルクリアなトーンが魅力です。

Soundhouseさんのリンク: JENSENの8インチ・ギターアンプ用スピーカーC8Rは、輝くような高域を持つクリスタルクリアなトーンが魅力です。

キャビネットの設計

木材加工で作る方針です。どの材を使うかをまず決めます。

今回はパイン集成材を使うことにしました。近所のホームセンターサンコーで買えるので手軽です。 ただし、厚さが中途半端なので注意して設計します。 設計する際、ここでもInkscapeを使います。 この場合、原寸大でなくても良いです。適当に縮尺して設計しています。

苦労したところ

何と言っても、シャーシに垂直に真空管を配置してしまったので、キャビネットの中にシャーシをどう収めるかが悩みです。 仕方ないので、キャビネットの奥行きを増やします。 おかけで、かなり大きなキャビネットになりました。

場所は取りますが、安定感はバツグンです。何事も良い面を探しましょう。

ということで、シャーシをそのまま横倒しの状態でマウントします。

下図で(8)の番号が振ってある板にシャーシをマウントするわけです。 図面の上では真空管などの細かい形状は描いておらず、その代わりに最大の高さの箱を描いています。

前からみた図

前から見た図は下です。

微妙にツライチが合っていませんが、基本的にツライチは合わせて作る前提です。

スピーカーをマウントする板を固定する受け板を設けてあります。 図面上では(6)と(7)の番号を振ってある部品がそれです。

フツーは高さのあるシャーシを使い、フロント側にボリューム・スイッチなどを配置し、 裏側に真空管を配置するものです。

キャビネット部品集め

部品は以下のところから入手しました:

キャビネットの製作

組み立て

部材の切り出し

いよいよ製作です。部材を切り出す前に下図のような図面を準備します。自分が使う木材の形状に合わせて、効率的な配置を考えます。

指矩(さしがね)は必要です。木材に正確に墨入れ(のこぎりで引くラインを入れる)する際に使います。

自分でカットする場合は、ソーガイドとゼットソーのセットがおススメです。ちゃんと使えばまっすぐ切れますし、直角も出ます。

のこぎりは慣れないと直線が出ませんし、曲がってしまった木口を修正するのは大変です。 3000円程度でプロ並みののこぎり技術を使えますので、試さない手はありません。

基本的な30105で充分です。

仮組み

切り出した後に仮組みした写真です。

組み立て

木工用ボンドと釘で固定します。木工用ボンドのみで固定している箇所は、ハタガネやクランプを使って固定します。

スピーカー関連の固定は爪付きナット

スピーカーのマウントや、スピーカーのパネルを本体に固定するのに、今回は爪付きTナットを使いました。

シャーシをキャビネットに固定するためにも使いました。こちらは裏側が目についてしまい、かなり目立ちます(下の完成した写真で分かります)。

面取り

組み上げた後は面取りをしています。後々ツイードを貼ることを考えると面取りを丁寧にやる必要があります。

面取りはカンナとヤスリを使っています。長い部分はカンナを使います。その後はヤスリで仕上げています。ヤスリは紙やすりを木片に巻いて使っています。

角は紙やすりで仕上げています。角はカンナは使いづらいので。

かんなは40mm程度で充分です。一つあればいろいろ使えます。

ツイード塗装

ツイードはラッカーで保護するらしいので、クリアのニトロセルロース・ラッカーを吹きます。 裁断する前にラッカーを吹いて、貼る場所に合わせてカットしていきます。

クリアを吹く時は、どのくらい吹くのが適切なのか分かりません。だからテキトーです。 ただ、換気には気をつけましょう。

ツイード貼り

ツイードは木工用ボンドで貼ります。 専用の接着剤もあるようですが、ちょっと高額なのでやめにしました。 接着の能力の違いがあるのかも知れませんが、木工用ボンドで十分でした。

貼り付けた後は、当て木をしてクランプやハタガネで押さえます。 木工用ボンドが染み出してきましたが、気にせず押さえ続けます。 木工用ボンドは乾燥すればほぼ透明になるので、神経質にならなくても大丈夫です。たぶん。

クランプを使った固定の例

クランプは板同士を接着するなどの場合に使います。今回はツイードを貼り、その上に当て木をして下地の板と挟んで締め上げます。

C型クランプを使っていますが、自分が使いやすいものを使えば良いです。

ハタガネを使った固定の例

ハタガネは、長いものを挟みこむ場合に使います。

今回の工作ではハタガネは50 cm程度のもので大丈夫でしょう。 木工をやる場合は、ハタガネは5本以上持っていると楽です。

角は、端布(ハギレ)をツイードの模様に合わせてカットして、タイトボンドで貼り付けます。

完成した写真

見た目はなかなかに仕上がりました(自画自賛)。

上記の爪付きナットでシャーシを固定しているのが、下の写真で分かります。ちょっと存在感がありすぎますな。

音はどうよ?

5Wとは思えないボリュームで鳴ります。 ボリュームを絞れば、家で鳴らせるレベルですが、それでもかなりデカい。 15Wのトランジスタ・アンプが可愛いレベルに思える。

肝心の音は、シングルコイルの音は非常に良いです。ハンバッカーはリアしかないので、まーこんなものかと。 やはりフロント側のシングルは弾いてるとニヤけてきます。 エフェクターなしでもで弾き続けたい感じ。

Fender ChampはRandy Rhodesとかウォーレン・デ・マルティーニも練習用に使っていたようですが、納得です。 コンボ型の真空管アンプはこれで十分って思ってます。

今時は真空管アンプもだいぶ安いものがありますが、自分で作ると愛着もひとしおです。 部品も少ないので、故障しても修理が簡単です。 ジャズ系のギタープレイにもマッチすると思います。 こういうのを弾くとエフェクターを使う必要を感じませんね。歪みが欲しい時はペダルが必要ですけど。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください