Marcin Patrzalek の Asturias

Asturias というのはギター曲で有名です。普通はガット弦のギターで演奏されることが多いですが、スチール弦の演奏は珍しいです。

Marcin Patrzalek (マルチン・パトリツァレク?) はポーランドの若いギタリストのようです。ダイナミクスが大きく大迫力なAsturias です。

押尾コータローもそうですが、ボディヒットをする人はドレッドノート(ギターのボディの形状)が好きみたいですね。

どうやらもっと若い頃から天才的なテクニックの持ち主だったようです。

パガニーニのカプリス24番の演奏があります。どういうシチュエーションなのか分かりませんが、教室っぽいところでの収録のようです。こちらも圧巻です。緊張感がすごい。

コメントを残す

このブログのコメント欄は掲示板ではありません。自分語りがしたい方はご自分のサイトでお願いします。

コメントはサイト管理者の承認制です。コメントの内容によっては必ずしも承認されませんが、それでも良ければコメントをどうぞ。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください