お手軽にgnuplotでリアルタイムプロットをするには

(ネットで検索すると同じ様な例がいくつか出てきますが(例えば Fujie’s Blog: gnuplotでリアルタイムプロット )、以下は主に自分のためのメモです。)

お手軽に、リアルタイムでデータをプロットする場合は、以下のようなファイルを実行すれば出来ます。ここでは、 hoge.datが時々刻々と更新されるファイルとします:

set yrange [0:5]
plot 'hoge.dat'
pause 5
reread

これをhoge.gpのようなファイル名で保存して、ターミナルから

% gnuplot hoge.gp

とすれば5秒毎にプロットが更新されます。(pause の次の数字は秒単位です。)

プロットを止める場合は、ターミナルでCtr-Cすれば良いです。(誤って測定プログラムを停止しないように注意しましょう。)

rereadコマンドは対話式(標準入力)の場合は無視されるようです(ファイル中に書いてloadすれば良い)。

あとはいつも通りにx軸名、y軸名、フォント、プロット形式を好みに変更すればよいです。(yrangeを設定しないと、標準出力にエラーを吐き続けることがあります。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください