高中正義 / TRAUMATIC・極東探偵団

高中正義で最初に買ったアルバムはこれです。

というのもギターマガジンに”渚・モデラート”のタブ譜が載っていて、それをコピーするためという普通と逆のパターンを辿ったためだったような…。

高中正義の代表曲の一つになった”渚・モデラート”のアルバムというイメージですが、個人的には”Chase”が裏のメインのように思っていました。 “Chase”は”渚・モデラート”に負けず劣らず名曲だと思います。 この当時のライブでもこの2曲はやっていましたね。

この2作前の”Can I Sing?”から打ち込みが増えましたが、このアルバムではほぼ全編にわたって打ち込みがメインになっています。 そのせいか、全体的にボーカルを入れた曲が多いです。 有名どころだと松任谷由美と矢野顕子の”China”、岸田今日子の語りの”TRAUMATIC”があったりとバラエティに気を使った感じはします。 そうしたせいで、ギター・アルバムというイメージは希薄になってしまっています。結構弾いているのですが。

“渚・モデラート”はイントロ、テーマ、キーボード、コーラス・アレンジ、ストリングス・アレンジは今聴いても完璧です。 打ち込みの淡々としたリズムトラックもかえってマッチしています。時代を超える曲とはこういう曲のことを言うのでしょう。

一方の”Chase”は打ち込みのバックが少し単調です。ライブでは人力で演奏していて、そちらの方がこの曲は合っていると思います。 曲やギターはすごく良いので、今やるならもっとリアルにバッキングトラックを作るところでしょう。ライブ向きの曲です。

ギターのサウンドは少し引っ込み気味ですが、歪みの音もぼくは大好きなアルバムです。 一時期(“Finger Dancin'”の頃など)は中域が強くて、乾いた歪みだったのですが、この頃の高中正義は(聴感上の)歪み感も少し増えてドライブ感とツヤがあります。 特に”渚・モデラート”はかすかに聞こえるディレイとピッキングの絶妙な強弱で、歌わせるギターの一つの見本でしょう。 “Chase”などでは歪みを増量しているようです。

最後の”Lagoon Music”は地味に思うかも知れませんが、夏にぴったりのゆったりとした佳曲です。 ぼくは高校時代の夏休みの終わりを懐かしく思い出します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください