The Michael Brecker Band ‎/ Live

The Michael Brecker Band ‎のライブです。限りなくブートに近い録音だと思われます。 このレーベルは”Jazz Door”といってUnofficialな録音をしれっとリリースしています。

録音はブートということもあり、完璧とは言えませんがそこそこ良い感じです。

マイケル・ブレッカーはこの頃はこのメンツでツアーしていた時期ですね。 ベースがジェフ・アンドリューズ、ドラムがアダム・ナスバウム、ピアノ・キーボードにジョーイ・カルデラッツォ、そしてギターがマイク・スターン。

日本にも1987年に来てライブ・アンダー・ザ・スカイやピットインなどで演奏しました。 ぼくもピットインは行きました。

この時期の活きの良いメンツの演奏が録音が聞きやすく、入手しやすいという意味でこのアルバムは買いです。 スタジオ盤よりも生き生きしていますし、なによりも迫力があります。 マイケル・ブレッカーが吹く”Gossip”のライブは貴重です。 そして、とくに”Nothing Personal”のジョーイ・カルデラッツォのソロは鬼気迫るものがあります。

ただ、”Nothing Personal”のマイク・スターンのソロはライブ・アンダー・ザ・スカイの方が少しだけ良いと思います。 これはFMの録音だと思います。このソロは大好きですね。

ピットインの動画がありました。

何日かピットインで演奏したと思いますが、ぼくは1番前で見ることができたのが良い思い出です。 マイク・スターンが身体を振りながら、足も動かしながら弾いていたのが印象的です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください