ハイラム・ブロック / Give It What U Got

ハイラム・ブロックは不思議な魅力なギタリストです。 速く弾いたりはしないのですが、ワンアンドオンリーなフレーズ・トーンですぐ分かる。 フレーズは独特です。ときにはアウトっぽいフレーズもバランスよく交えつつ、よく歌うギターという感じです。

このアルバムは曲良し、ギター良し、ボーカル良しで聴いていて楽しい。 個人的には1曲目の”Down the Pipe”が好きですが、そのほかもバリエーション豊かで捨て曲なしだと思います。 “Give It What U Got”, “Pretzel Logic”のハモリ・ギターはビリー・ジョエルの”The Stranger”を思い出してしまいました。あの曲もハイラムでしたね。 “Pretzel Logic”はSteely Danの名曲のカバーです。これはとても良い!ハモリのギターが曲調にあってます。

メンツは、人脈のあるハイラムらしく豪華ですね。 ボーカルにアル・ジャロウが参加していたり、リッキー・ピーターソンがキーボードで参加していたり、あとランディ・ブレッカーとルー・ソロフも参加してたり。 ベースはウィル・リー。サックスはマイケル・ブレッカー、サンボーン、クリス・ハンターが参加しています。

歪みはおそらくペダルで作っていると思われます(サンボーンの来日のときはそう見えた)。 わりと素直なオーバードライヴのときは上品なサウンドです。 たまに少しエグめ、どちらかというと下品なトーンのときがあって、これがまた絶妙です。 アンプの歪みだけが良い歪みではないという良い例です。

ハイラムのクリーン・トーンもすごく良いので聴いてほしい。 カッティングはキレがあって、でもリズムは少し後ろにある感じが好きです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください