gnuplot の「座標」: set arrow, set key, set label, set object

gnuplotのset arrow, set key, set label, set objectで指定する座標について整理します。例えば

set key at x,y

のような場合です。ここでx, yの座標は何を意味しているか、が話題です。gnuplotの座標は「系」(system)を指定できます:

set key at {system} x, {system} y

座標系(system)

上記のsystemには以下の5つ指定できます。

  • first: x,y軸の座標系を使う場合
  • second: x2,y2軸の座標系を使う場合
  • graph: x軸、y軸、x2軸、y2軸で囲まれた領域を座標系として使う。左下を(0,0)、右上を(1,1)とする。
  • screen: 描画エリア全体を座標系として使う。左下を(0,0)、右上を(1,1)
  • character: 上記screen系の(0,0)から文字の幅、高さを単位とする座標系。フォントに依存する。

xのsystemを指定しない場合はfirstが使われます。yのsystemを指定しない場合はxのsystemが使われます。

上記で指定した座標は、テキストの場合(key, label)、テキストの左端が位置します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください