パット・メセニー・グループ / レター・フロム・ホーム

パット・メセニーの一番脂が乗った時期は1980年代後半から1990年代はじめくらいなのかなと個人的には思っています。 異論はあると思いますが。

そんな時期の中でもすさまじい充実度のアルバムが本作です。このアルバムがパット・メセニー・グループの一つの頂点でしょうね。

間違いなくパット・メセニー・グループの代表曲となった”Have You Heard”だけでなく、”Every Summer Night”, “Better Days Ahead”, “Spring Ain’t Here”, “5-5-7”, “Beat 70”, “Dream of the Return”, “Slip Away”, “Letter from Home”と名曲が目白押し。

“45/8”, “Are We There Yet”, “Vidala”がアクセントになっていて、最後まで全然飽きることがなく聴き終えてしまいます。 60分超なので、若干ですが大作な感じはします。

個人的は”Have You Heard”, “Spring Ain’t Here”, “Slip Away”が好きです。 この当時はライブ音源や映像が割と入手できて、”Have You Heard”のギターソロではパットの鬼気迫る集中力を感じたものです。

この映像は当時僕もVHS(“More Travels”)を持っていました。左手のアップ映像が多くて興味深い。 このパットのソロはかなり好調だと思います。ライブによっては少し息継ぎが目立つソロの時もありますから…。

前作の”Still Life”と合わせてブラジル・テイストが強めなアルバムですが、ブラジル路線はこれでおしまい。 次作”We Live Here”はわりと流行に乗った感じになりましたね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください