グールド: ブラームス間奏曲集

グレン・グールドと言えばバッハが有名ですが、このブラームスの間奏曲集も地味ながらとても大好きなアルバムです。

録音そのものは1960年とゴルトベルク変奏曲のデビューから5年後という若い時にもかかわらず、その演奏はとても熟成されたまろやかな感じを受けます。 デビュー作のような鮮やかさとはまったく違っていて、味わい深いという形容が相応しい、ゆったりしたテンポで沁みわたるような演奏ですね。

ゴルトベルク変奏曲に比べれば、録音の音質もかなり良いと思います。ステレオ録音なのもうれしい(ゴルトベルク変奏曲はモノラルだった)。

このごろは在宅で仕事をしているのですが、集中したい時なんかは小さめの音量でこれを流しています。 グールドをかける時はいつもバッハばかり選んでしまって、すこし気分を変えたい時なんかは良いですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください