Paul Gilbert が弾くバッハ パルティータ No.2 Gigue

Paul Gilbertがバッハの無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとパルティータ のパルティータ No. 2を弾いているのを見つけました。

ダイナミズムを考えて結構マジメに弾いてますね(いい意味で)。フル・ピッキングで分かりやすい演奏です。ビブラートが派手でない点が好感がもてます。 メタル系だと独特の大きなビブラートで少しげんなりしちゃう時もあります、この演奏はそういう或る種の下品さを感じさせない。

サウンドとしてはブリッジ・ピックアップで歪ませています。ヴァイオリンも歪んだ感じに聴こえなくもないので、こういう演奏もありですね。

クリーン・サウンドで弾いているものもありました。ちょっとミスってますがご愛嬌。

タブ譜

タブ譜はUltimate-TABS.comのこれが良さそうです: Home > P > Paul Gilbert > Bach Partita In D Minor

ヴァイオリンによる演奏

ちなみにヴァイオリンの演奏は例えば Hilary Hahnではこれ:

Josef Sukではこれ:

Arthur Grumiauxの演奏はこれ:

おまけ

ヴァイオリニストについて面白いページがあります。

ガット・ギターによる演奏

この曲は人気なのでガット・ギターによる演奏がたくさん見つかります。

なかでもこれが良かった。ホールのリバーブが深すぎな感じもしますが、ピッキングのアタックがとてもソフトで滑らかなこんな演奏はいかが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください