ジェリー・マリガン& チェット・ベーカー / カーネギーホール・コンサート : 若きジョンスコが参加

バリトン・サックスのジェリー・マリガンとトランペットのチェット・ベーカーのライブ盤です。 若きジョンスコが参加しています。

Wikipediaによれば、ジョンスコにとっては2番目のレコーディングのようです。

プレイはまだ完成形ではないですが、ところどころで「らしい」フレーズが顔をのぞかせてニヤニヤしてしまいます。

ギターサウンドは軽めの歪み。とても良いです。やはり管楽器と対等に渡り合うには、これくらい歪んでいるのがちょうどよい。 ジョンスコはサウンド的にはチャーリー・クリスチャン直系ということで。なぜ他の王道ジャズ・ギタリストは歪ませないんでしょうね。

主役のジェリー・マリガン、チェット・ベーカーも好調で、アルバム全体でも楽しめます。 ピアノ・エレピでボブ・ジェームス、ドラムがハーヴィー・メイソンという後のフュージョンシーンを牽引する二人が参加しているのが意外。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください