アラン・ホールズワース / Metal Fatigue

アラン・ホールズワースのアルバムではこれを外すわけにいかないです。 ホールズワースのアルバムのなかでは親しみやすい方だと思います。

わりと聴きやすいのはボーカルが3曲あるのも要因かと。これらボーカルでのバッキングがとても良いのでぜひ堪能あれ。 シンタックスを導入する前のアルバムで、個人的には一番好きです。

“Metal Fatigue”では、ハーモナイズ・ギターでメタリックなリフとバッキングの美しいコードのコントラストが印象的です。 ソロもうっとりするような流麗なフレーズです。低音弦から高音弦まで高速で駆け巡るのが爽快。

“Home”はコードワークが美しい。どうやって出しているのかわかりませんが。 サウンドも、ピックアップはハンバッカーだと思いますが、どうやって音を作っているのか想像できません。

“Devil Take the Hindmost”はクリーン・トーンの和音で弾くテーマのメロディが良いです。 ソロの歪みは中音が強調されていますが、これも美しい。超絶なフレーズが続きます。 展開がまったく予想できない。

“The Un-Merry-Go-Round”ではトライバルテックのゲイリー・ウィリスが参加しています。 このアルバムのなかでは一番とんがってる感じで、いかにもなメロディのテーマと目まぐるしい展開。 14分を超える大作です。長い。ぶっ飛びのソロがまんなかあたりで聴けます。 (まあ、このアルバムではあちこちでぶっ飛びのソロが聴けますが…。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください