たまにはプレイリストを捨てて、アルバムを通して聴く

プレイリストはお気に入りを集めるわけですが、さすがに飽きます。

そこで、プレイリストの曲を入れ替えますが、それにすら飽きてきました。

面倒なので、アルバムを通して聞くようにしたら、これが意外と楽しい!

プレイリストには入れない曲でも、アルバムを通して聴くとちゃんと聴ける感じ。 ちゃんと聴けるって言うと変ですが、曲に入り込めるというか。

なぜプレイリストが飽きやすいのか

アゲアゲな曲で満載だとお腹いっぱいになりやすい、ということかな。

プレイリストはヒット曲やキャッチーな曲でいっぱいになりますからね。

特にジャンルが違う曲を集めると、曲ごとに聴きたい時の気分がビミョーに違うので、しっくり来なくなるのが早い気がします。

アルバムの良さ

アルバムの全体の雰囲気とかカラーがあって、その雰囲気の中で流すとハマる、のかなーと。

特に昔のアルバムは通して聴く前提で作られているものが多いので、音楽に集中しやすい。

仕事前後のクルマの中はアルバムを通して聴くほうが、イヤなことを思い出すことが減る気がしてます。

アルバムに飽きたら、プレイリストで

ipodを使うようになってから、アルバムを通して聴くことがめっきり減りました。 というのもプレイリストで再生するのが当たり前になったからですね。

たまにアルバム通して聴くと新しい発見があるかもです。

でも、アルバムに飽きたらプレイリストを聞けば良い。聴き飽きたと思った曲も新鮮ですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください