高校の時の音楽の先生が鍵盤ハーモニカの開発者なのかを調べてみた

高校の時の音楽の先生が鍵盤ハーモニカの発明者であるという噂がまことしやかに語られていて、今でもSNS上で話題になる時があります。 その真偽を確かめてみました。

結論から言うと、ピアノ式の鍵盤ハーモニカはイタリアのClaviettaが発祥のようです。 これは1958年説があるくらいで、ぼくの高校の先生が絡んだ可能性はないでしょう。

国産のピアノ式鍵盤ハーモニカとしては鈴木楽器のメロディオンがあります。 これの一号機は1961年のようですが、独立に発明したのか、Claviettaを知ってて開発したのかはよく分かりません。 鈴木楽器のwebページは「世界で最初のピアノ式鍵盤ハーモニカ」と主張しているようですが、少し無理がある気はします。

ぼくの高校の先生が絡んだのであれば、この鈴木楽器か東海楽器ですがネット上では証拠は見つかりませんでした。

ちなみにピアノ式鍵盤の鍵盤ハーモニカの特許は、鈴木楽器・東海楽器ともに取得していない模様です。

特許調査

発明者というならば、まずは特許が出ているのかが気になります。

特許情報プラットフォーム 特許・実用新案分類検索 で特許を調べてみました。

鍵盤ハーモニカのテーマコードは5D050,FIはG10D7/12,120 らしいので、これらを使って検索します。

上記ページでコードに 5D050, 検索式に G10D7/12,120 とだけ入れて期間を限定せずに検索したら30件 あります。

ぼくの高校以前ということでざっくり1990年以前は14件。1947年から関連特許はありますね。

残念ながら高校の時の先生の名前はありませんでした。ちなみヤマハ名義の特許は5件ありました。また外国のメーカーの出願はありませんでした。

鍵盤ハーモニカの歴史

Wikipediaの 鍵盤ハーモニカ によれば、吹き込んだ息で金属リードを鳴らす鍵盤楽器は19世紀から存在したようです。

ピアノ式の鍵盤ハーモニカはClaviettaが最古参のようです。

素晴らしき鍵盤ハーモニカの世界 カタログ にClaviettaの写真があります。

TVアニメ「ハルチカ」でのClavietta(クラヴィエッタ)登場シーンについて (ピアノニマス.com) によれば1958年、1959年モデルのClaviettaをお持ちの方々がおられるそうなので、鈴木楽器よりは早い時期に作られていたことは確定のようです。

鍵盤ハーモニカと言えば、世界的には”Melodica”らしい

世界的に見ると、鍵盤ハーモニカのことをHohner社商品名の”Melodica”と呼ぶことが多いようです。

また、 MELODICA FAMILY によれば鍵盤ハーモニカには二つの系統があるようです。

一つは両手を使うボタン式で、右手で白鍵、左手で黒鍵を押さえるタイプ。管楽器や笛に近い演奏スタイルになりますね。

もう一つはピアノやオルガンのような鍵盤の配列(いわゆるピアノ式鍵盤)。日本で鍵盤ハーモニカといえば、こちらがポピュラーです。

HohnerのMelodicaはもともと両手を使うボタンタイプだったようです。現在は鍵盤式のハーモニカを作っているようです。

The First Hohner Melodica and Clones

日本での鍵盤ハーモニカの発祥は浜松らしい

楽器のまち浜松市のページで 浜松生まれの楽器“鍵盤ハーモニカ” では

1961年(昭和36年)、鈴木楽器製作所創業者の鈴木萬司氏が、卓上に置いて演奏できる吹奏楽器というアイデアのもと、オルガンよりも経済的で鍵盤学習に最適な教材として、世界初の鍵盤ハーモニカを開発しました。

とあります。これが鈴木楽器のメロディオンの誕生のことを言っているのでしょう。 鈴木楽器のページ 鍵盤ハーモニカの始まり にも同様の記載があります。

ただ、上記のようにClaviettaがあるので、「世界初」は苦しい気はします。世界初を主張するならエビデンスが欲しいですね。

なお、 “ふじのくに”先人の偉業と先輩が築き上げてきた伝統 には“鍵盤ハーモニカ”1号機の写真があります。これはマウスピース部分が下記のHohner社のMelodicaを彷彿とさせます。偶然かも知れません。

鈴木楽器のインタビューでも、ぼくの高校の先生に関する話は全然ないので、どうもガセネタっぽい気はします。 鈴木楽器のインタビューが不誠実という可能性もゼロではないですが…。

特許調査では、このメロディオンに関すると思しき鈴木楽器の特許は見つかりませんでした。

ちなみに日本で最初に鍵盤ハーモニカを開発したことについては、 日本で初めて鍵盤ハーモニカを開発したのはどこなのか問題について (ピアノニマス.com)で調べられています。鈴木楽器も東海楽器も1961年を主張しているようです(笑)。まあいずれにしても、浜松の会社なので、日本の鍵盤ハーモニカの発祥は浜松といって良いのでしょう。

おわりに

鍵盤ハーモニカが浜松市発祥とか、高校の先生が開発者とか言っているのは浜松市やぼくの高校関係者だけのようです。

こんな話題をSNSで上げても高校の同級生の反応は芳しくなさそうですな…。