「ゲスの極み乙女。」が表紙を飾ったリットーミュージックの雑誌

ギターマガジン・ベースマガジン・キーボード・マガジン・リズム&ドラムマガジンすべてゲスの極み乙女。!

「両成敗」のメイキング(レコーディング合宿)ビデオを見たら、全部欲しくなったのですよ。このところの騒ぎもあるから、バンドが存続しているうちに!

このバンドはプリプロをやらないのが特徴で、レコーディングのその場で曲もアレンジも決まっていく仕組みによって、さらに創造的になっているように思います。

リーダー(川谷)の音のイメージ(口で歌うドラム、口で歌うベース)をメンバーが具現化するという、妥協がなく、非常に音楽的なプロセスなのが興味深いです。 そのプロセスの中で、メンバーが音楽的にもテクニック的にも鍛えられているのが、このバンドのクオリティを上げていると思います。

特にベースはもとがバカテクなのに、さらに上を要求される(辛そう…)。実際、リーダーにしごかれている体育会系サークルっぽい(笑)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください