SONY MDR-CD900STのイヤーパッド交換

最近ギターのモニターにSONYのモニターヘッドフォン MDR-CD900STを使っている。 ( SONY ( ソニー ) / MDR-CD900ST 密閉型スタジオモニターヘッドホン )

このヘッドフォン独特の味付けがない音はするので、音は気に入っているが、どうにも耳が痛い。 イヤーパッドのクッションが浅いので、耳たぶが圧迫されてしまうのだ。

Amazonだと新品を取り扱っていないようなので、サウンドハウスのリンクを貼っておく:

 SONY ( ソニー ) / MDR-CD900ST 密閉型スタジオモニターヘッドホン

ということで、イヤーパッドを交換してみた。 参考にしたのは【さよなら耳の痛み】MDR-CD900STにはYAXIのイヤーパッドがおすすめです| おりあに劇場

交換できるイヤーパッドはいくつかありそうだが、上記のページで使っていたものを試した。赤と青の色はちょっとイケていない気はする。

こんなパッケージで送られてくる。

イヤーパッドの交換はBOSEのノイキャンよりは簡単。少し引っぱれば外れる。

交換した後が下の写真。

装着感はかなり良くなった。1時間程度であれば全然問題ない。耳が蒸れる感じはするが…。

ちなみに、 AKG ( アーカーゲー ) / K240 Studio セミオープン型ヘッドホン 3年保証モデル K240 ST も買ってみたが、音はかなり違う印象だ。

こちらはドンシャリ感があって自分としてはギターのモニターには向いていないと思えた。 この辺りの感覚は各自で異なるから、あくまで自分の感触を述べているに過ぎない。

 AKG ( アーカーゲー ) / K240 Studio セミオープン型ヘッドホン 3年保証モデル K240 ST

コメントを残す

このブログのコメント欄は掲示板ではありません。自分語りがしたい方はご自分のサイトでお願いします。

コメントはサイト管理者の承認制です。コメントの内容によっては必ずしも承認されませんが、それでも良ければコメントをどうぞ。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください