Simulink での信号データの読み込み

あまりまとまっていません。単なるメモです。

Simulinkで信号データを読み込む方法は以下の五つがあります:

(Signal Builderは何でも読み込めて便利ですが、現時点で非推奨になっています。)

From FileブロックのMATファイルの場合はtimeseriesデータにしておきます。

From FileブロックではMATフィアルのバージョンを7.3に指定する必要があります。

From Spreadsheetのブロックはtimetableデータをwritetableで出力したファイルはxlsxでもcsvでも読み込めます。

下のコードは、gpsデータのMATファイルからエクセル・CSVファイルに保存しなおす例です。 時間が等間隔になるようにretimeを使っています。

load('gpsData.mat');

% retime
gps2 = retime(gps, 'secondly', 'linear');
tbl = table(seconds(gps2.duration), gps2.d, gps2.v, gps2.alt, gps2.ss);

% for Excel file export
excelFile = "gpsData.xlsx";
writetable(tbl, excelFile);

% for CSV file export
csvFile = "gpsData.csv";
writetable(tbl, csvFile);

個人的には”From Spreadsheet”が一番楽に感じています。(今の時点では、ということで今後変わるかもしれませんが…。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください