マイク・スターン / アップサイド・ダウンサイド

これは大好きなマイク・スターンのアルバムです。 マイク・スターンがマイルスのバンドから抜けてすぐに出した作品ですね。

マイルスの”スター・ピープル”では少しワイルドなプレイでしたが、ここでは割と洗練されたプレイが中心です。 基本的なスタイルはこの時に確立していると言えるでしょう。

サウンドもピッチシフターによるコーラス的なトーンを、一枚を通じて聴くことができます。 ただ、このアルバムはさらにピッチシフターを使ってオクターブ上を混ぜているのが分かります。 この後のアルバムではあまり気付かないので、やっていないのかも。

上では”洗練された”と書きましたが、それでもこのアルバムのソロは少し荒っぽいところがあって、そこがまた良い。 そういう点でもこのアルバムが好きです。

この後のアルバムやライブでは、もっと滑らかに弾いているんですが、滑らかすぎて物足りない。 このアルバムのプレイくらいな荒さがあると迫力・緊張感があると思うんです。 指の動きよりも、気持ちの方が勝っているプレイって魅力的になるというか。

ボブ・バーグはハードな曲、サンボーンがバラード系で参加していて、鉄板な起用ですね。 面白いのが、ベーシストはジェフ・アンドリューズ、マーク・イーガン、ジャコ・パストリアスの3人が参加していることです。 それぞれ分かりやすいです。マーク・イーガンはフレットレスっぽく聴こえますが、コーラスがぼってり。

目玉は”Upside Downside”, “Little Shoes”, “Mood Swing”, “Scuffle”あたりでしょうか。 “Upside Downside”, “Mood Swing”なんかはメカニカルなテーマで、その後の路線の先駆けっぽい。

“Mood Swing”だけは少し雰囲気が違いますが、ドラムがスティーブ・ジョーダンなんですね。 ベースがジャコで、イントロから存在感があります。 晩年の録音ということで、全盛期と比べてどうなのか分かりませんが、エンディングは彼らしいプレイになっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください