松原正樹 / Sniper

松田聖子の”時間の国のアリス”, “渚のバルコニー”, 中森明菜の”北ウイング”など(挙げたらキリがない)のハモリ・ギターで有名な松原正樹の3枚目のソロ・アルバム。

バッキングにテーマに、ソロにと職人技がこれでもか、な内容です。 曲も良くて、ソロだけでなくてバッキングのギターに耳がいって、いつのまにかリピートで1曲目に戻ってしまう。

さすがギターのサウンドは絶妙です。今聴いてもいい音だ。コーラスを深めにかけても上品さを感じます。 歪み系もしっかり歪んで、つぶれずよく伸びる。

プレイやフレーズは速弾きはないですが、だから退屈というわけではないし、つまらないということも全然ない。 むしろ、フレーズの端々に小技が効いて大人なプレイに引き込まれる。マネしたくてもできないですね。

ボーカル曲がいくつかありますが、ギターに注意がいってしまう。欲を言えば、ハーフトーン系のバッキングが聞きたかったな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください