PCのトリプル・モニターディスプレイ化

在宅勤務もしばらく続きそうなので、ようやく重い腰を上げてトリプル・ディスプレイ化を実現しました。

三つのディスプレイのうち、二つはI-Oデータの23.8インチ、残りは15.6インチのモバイル・ディスプレイです。 (ディスプレイを新しくした: I-ODATA EX-LD2381DB在宅勤務(Work From Home)向けに買ったもの)

今のマザーボードはASUS TUF H370-PRO GAMINGでオンボードのグラフィックが使えるのですが、どうやらトリプル・ディスプレイは対応していないようです。Xorgの設定なのかも知れませんが…。

そこで、ビデオカードを追加することにしました。レビューをみて玄人志向の RD-RX550-E2GBにしました。 2スロット占有タイプですが、価格もほどほどです。

これは出力ポートにDVI-D, HDMI, DisplayPortをそれぞれ一つずつ持っています。

特に設定することもなく、そのままで3つのディスプレイが認識されました。

1つのディスプレイではドキュメントを開き、一つでMATLABのエディターを開き、残りでグラフを開くあるいは、Simulinkモデルとグラフを一つずつ開く、というような使い方をしています。物理的なレイアウトは変則的ですが、作業するうえではかなり快適です。

ただ、机は狭くなりました。あとは椅子かな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください