40歳過ぎてからの転職って実際どうなのか

ぼくは43歳で転職しました。業種も変わりました(電機業界→自動車業界)。転職して今4年目に入りました。

ぼくの転職の経験から、役に立ちそうな内容を書いていこうと思います。 (随時書き直したりするつもりです。)

まずは

  • 40歳過ぎの転職は難しいか
  • 給料は増えるか

の2点を書こうと思います。

40歳過ぎの転職は難しいか

正直なところ

40歳過ぎの転職は簡単ではない
というのが答えですね。

書類で落とされることはフツーです。ぼくが面接にこぎつけたのは3社でしたが、その何倍もアプライしました(正確な数は忘れた…)。

落とされる理由はエージェント経由でしか分かりませんが、あまりはっきり教えてくれませんでした。 間違いなく年齢は理由の一つだと思います。経歴と募集業務がマッチしないというものもあるとは思いますが…。

ただ、今の会社を見ると40歳過ぎで転職してきた人は割といるので、会社によってはチャンスがあると思います。

また、募集する側も多くはないですが、応募する側も多くはないので、それほど競争率が高いというわけでもない、と転職サイトで読んだことがあります。これは確かにそうかもと思います。

給料は増えるのか

ぼくの場合は、年収は上がりました。基本給はほぼ同じですが、ボーナス分がだいぶ違います。 でも、

これは前職の給与によります
ね。同じ職場に転職してきた人でも、下がったという人はいます。

ぼくの前職では管理職の給与カット・ボーナスカットがあったので、転職したほうが給料面では有利にはたらいたということです。

ただ、転職して給料が上がる上がらないという観点よりも、仕事の内容そのものへの情熱がそれほどでもなければ

給料が上がらない転職は避けるほうが良い
かなーと思います。 というのも、給料は不満のタネになりやすいので。

まずは、とりあえずこんなところです。ぼちぼち書きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください