40歳過ぎてからの転職: エージェントをうまく活用しよう

自分で求人情報を集めても良いのですが、特に不利な40歳以上の転職はエージェントを使うのがおすすめです。

今回は
  • エージェントを使うメリット
  • エージェントとお付き合いする上での注意

について書きたいと思います。

エージェントは基本的に同じ担当者が面倒を見てくれるサービスです。「転職 エージェント」で検索すると良いでしょう。

転職サイトに登録しただけだと、機械的に情報が流れてくるだけで、連絡が毎回違う人からくるケースがあります。

(※2017年5月17日下を追記)

エージェントについてちゃんと書いてあるところを調べました(汗)。 転職エージェントとは|1から理解し使いこなすための全知識 (Career Theory)によれば

転職エージェントとは、登録をすると完全無料で転職相談に乗ってくれて、企業の求人紹介から面接のセッティング、給与交渉など転職に必要なサポートをしてくれるサービスのことを指します。

とあります。

エージェントを使うメリット

エージェントを使うメリットは

  • 情報を集めるのが楽
  • 企業の求人ページに載っていない情報も得られる
  • 助言がもらえる
  • 別の視点・観点を持てる

ことかな、と思います。

特に業種を変えるときは、情報を集めるにも知識が足りない場合があって、エージェントなしでは難しいと思います。 エージェントの助言やエージェントなりの視点も参考になることがあると思います。

エージェントとお付き合いする上での注意

たいてい無料なのですが、あちらもお仕事ですから注意することがあります:

  • 真剣に向き合う(エージェントにも、転職にも)
  • 率直に希望、気持ち、考えを伝える
  • エージェントの意見もよく聴く
  • 感謝を伝える

という感じかな。

やる気があるのか分からない相手は、エージェントもやる気が出ませんよね。中途半端な気持ちだとエージェントにも悪いですよ。

それからエージェントにはちゃんと自分の希望や気持ちを伝えた方が良いですね。ただ、一方的に希望だけ言っても、無理な注文な場合はあります。

ですので、エージェントの意見もこちらから引き出すほうが良いです。

転職に対する自分の希望や考えは、整理しておく必要があります。これは次のエントリーで書こうと思います。

ぼくの場合、同じ年代(40歳代)のエージェントでこちらの悩みを率直に話したせいか、結構親身に相談に乗ってもらえました。 明け透けに考えを伝える方が、エージェントが提案しやすくなります。特に業種を変える場合は選択肢が広がります。

あと、ピンとこない提案でもちゃんと感謝を伝えた方が、次の提案をがんばってくれますよ。 担当者の方も試行錯誤していることがありますから、冷静にフィードバックを返してあげるのが双方にとってメリットがあります。

どのエージェントを選ぶか

これは正直分かりません。ぼくとしてはエージェントの会社よりは、エージェント担当者個人の相性が大事だと思います。

まずはどこか頼んでみて、あんまりピンとこない担当者だったら、変えてもらうか別のエージェント会社にするのも手でしょう。

求人情報の量に関して言えば、たいてい各社は複数の大手のエージェントに情報を流すので、大手のエージェント会社毎の違いはあまりないと思います。

なかには外資が得意とか、特徴があるエージェントもあります。でも、担当者が悪ければその特徴も活かせませんから、担当者で選ぶ方が良いと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください