Matlab の fsolve 代替

Matlabのfsolveの代替としてcsolveがおすすめなようです。

http://sims.princeton.edu/yftp/optimize/mfiles/

ただし引数は同じではないです。csolveの引数は以下のようになっています:

csolve(FUN,x,gradfun,crit,itmax,varargin)

ここでfuncの絶対値がcrit以下になるまで解きます。itmaxは繰り返し回数の最大値です。例えば以下のように、設定すると良いでしょう。

[x0,rc] = csolve(@fun,x',[],1e-6,500) ;

返値rcは解の状況を表します。0は正常に解が得られた、1-3は解なし、4は繰り返しの最大値に達した場合です。詳細はcsolve.mの説明を参照下さい。

コメントを残す

このブログのコメント欄は掲示板ではありません。自分語りがしたい方はご自分のサイトでお願いします。

コメントはサイト管理者の承認制です。コメントの内容によっては必ずしも承認されませんが、それでも良ければコメントをどうぞ。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください