風の谷のナウシカ (宮崎駿)

在宅勤務になったころに読んだのを忘れていました。

劇場版アニメしか見たことがないまま、これを読んでみたら面白い! ああ、なんで早く読んでおかなかったのか。

アニメは、このほんの一部を切り取って、劇場で耐え得る長さにまとめたものだ、というのが分かる。たぶん、そう。

正直、マンガとしては読みづらい。コマ割りなんかは練れていない感じのものがほとんどだし、場面の切り替わりもすごく分かりづらい。 でも、その世界観と迫力で、途中を読むのを止めるのが難しいくらいです。

あまり、感動するとか綺麗な話ではないと思いましたが、宮崎アニメが好きなら宮崎駿の考え方・人となりを知るうえではかなり重要。 7巻あっても値段も割と手頃なので、ぜひ。

ただ、うちの中学の娘には少し難しかったみたい。彼女は本は大人並みに読めるので、この読みづらいマンガに慣れていないせいだと思う。 あと、思想的に少し、ついて行けない部分があるのかも。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください