発光ダイオードのアノード・カソードと足の長さ

エフェクターを作るときに、よく分からなくなるのでメモしておきます。

ダイオードなどではアノード・カソードという言葉を使います。

アノードは外から電流が流れ込む電極、カソードは電流が出ていく電極。 なのでアノードが電源のプラス側、カソードは電源のマイナス側に接続することになります。

発光ダイオードではモールドに欠け(平らな面)を設けてあって、これがカソード側。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください