マイルス・デイビス / We Want Miles

マイク・スターンとの邂逅はこのアルバムでした。 (まあ「邂逅」という言葉を使ってみたかっただけです。)

マイク・スターンは“The Man with the Horn”では1曲しか参加していませんでしたが、このアルバムでは全曲参加しています。 しかもキーボードがいないので、コード楽器はギターだけ。 (マイルスが少しキーボードを弾いているようですが。)

ギターソロもけっこう長めなのが多くて楽しいです。ビル・エバンスも絶好調です。 パーカッション(ミノ・シネル)がいるせいか、全体的に野性的な躍動感があります。 10分を超える長い曲が多めなので、聴く時は気力・体力がいる感じ。

マイク・スターンが使っているギターは白いストラトでしょう。サウンドがシングルコイルPUっぽい。 この頃はディストーションとコーラスの組み合わせのようです。歪みはとても軽めで、速いピッキングでもパキパキしています。

割と太めの音で、ストラトにありがちなジャリジャリした感じは希薄ですね。ピックアップのせいかも知れません。 でもシングルコイルPU的な良い音です。 シングルコイルPUのストラトでこのサウンドを鳴らせるのは憧れてしまいます。

プレイは粗い部分がありますが、これがかえって勢いを感じて大好きです。 マイク・スターンはセッションで熱くなるイメージです。こういう緊張感ある演奏が似合いますね。 マイルス時代のマイク・スターンを聴くなら、これは外せません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください