ぼくが同窓会に行かない理由

ぼくは同窓会に参加したいとはさほど思いません。

その辺りのモヤモヤした気持ちを少し整理しようかな、と思います。 色々な視点から検証するのは大事です(たぶん)。 あ、いや、単にググってみたら英語圏では結構この手の話題があったので真似ただけです。

飲み会が好きではない

いきなりダメダメな理由ですが、飲み会が好きではないのですよ。

ぼくがお酒を飲まないからというのもありますが、あんまり話題が深いところまでいかないの理由かな、と。 煙草がイヤなのもありますけど。

そもそも話題がない

そもそも話題がないんですよ。高校の3年間で接触のある相手の数なんて限られます。 共通の思い出を持つ人が少ないので話題に困る。

ぼくは当時から友達が少なく、放課後もさっさと帰宅して楽器の練習しているような子でしたので、放課後に誰かと遊んだ思い出もありません。 まぁ、友達が少なくて同窓会に出るのがそもそも間違い、という指摘は正しいと思います。

話題がないと往々にしてゴシップの話になります。親しくなかった人のその後の人生については、正直どうでも良いです。

コンプレックスをベースにした話題も多々あります。今さら「自分は◯◯を出ていない」云々。 どう答えて欲しいのでしょうかね。

高校時代を美化しすぎ

ぼくは自身の高校時代が人生で一番良かったとは思っていませんし、もう一度戻りたいとも思いません。少し懐かしい程度ですね。

ぼくにとって、高校時代はそれほど美しい時代ではありません。 今よりずっと未熟で失敗ばかりして、思い出すと恥ずかしいことが多々あります。 人生には、そのまま遠くから見ている方が良いこともあります。

昔のイメージのまま話される

当然ですが、今のぼくと高校生の時のぼくは違います。

でも、残念ながら元同級生が持っている高校生の時のイメージをリセットすることは難しいようです。

それだけでなく、今働いている会社のイメージで壁が出来ている感じを多く受けました。 「人」そのものよりも、その人の属性で理解した気になる人は多いです。

視点を変えて、こうした機会に新しい友人関係を構築する、ということも考えられます。 けどね、当たり前ですが、同じ学校を出たからといって価値観が合う、話が合う、気が合うとは限らないのですね。

後ろ向き

昔話を毎年するのも違うように思います。リタイアした訳でも無いのに、後ろ向きな感じはします。

結局、「今」が充実している人は昔を振り返る必要はあまりないと思います。 ぼくの出た高校は「良い学校」として地方では名が通っているようですが、「良い学校」を卒業したというレッテルにすがるのではなくて、社会に貢献する人生を送るのが「良い学校」の卒業生として正しい姿でしょうね。

同窓会総会の企画・運営はreunionとしては確かにいい機会ではあると思う一方で、高校時代に文化祭・運動会で完全燃焼できなかった燃えかすのようにも思えます。

おわりに

実は7年ほど前にクラスの同窓会には参加しました(笑)。しばらくは行かなくて良いです。まあ、もう数年経てば、老いぼれてぼくの気分も変わるかもしれません。

Googleで “why i won’t be at my high school reunion” と検索するとblogが沢山ヒットして、アメリカの高校事情も垣間見えて興味深いです。

アメリカでもイジメは結構深刻そうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください