web 用の画像の作り方

Linux上だとgimpでSave for Webを無理くり使っていましたが、Windowsだと使えていません。

web向けの画像なんてあまり神経質になる必要はなさそうですが、一般的なことを調べてみました。

参考になりそうなページ

アルファチャネルの削除 (pngの場合)

PNGの場合、アルファチャネル(透明度の表現を担う)を持っている場合があります。 透明度の効果が不要な場合は、これを削除しておきます。

gimpの場合は画像→画像の統合でアルファ・チャネルが削除できます。

インデックス・カラーに変換します。これは色を256色に制限する変換です。

インデックス・カラーに変換しただけでは、モアレや染みのような画像になるので、「ディザリング」を有効にします。 この辺は試行錯誤が必要かも知れません。誤差拡散を使うと良い場合がありますね。

サイズ

適切なサイズにリサイズします。

ブラウザで見る範囲なので、横幅は1000px以下でしょう。

メタデータ

Exifデータは削除しておきます。最適化はお好みで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください