X-windowの壁紙設定ツール: nitrogen がおすすめ

このところ、Window MangerにFVWMを使っています。

FVWMは基本的にWindow Managerに徹するのが考え方としてあるので、いわゆる壁紙については何もしてくれません。

壁紙を設定してくれるプログラムとしては、esetroot, xsetrootなんかがあります。今まで私はesetrootを使ってきました。 しかし、esetrootは、displayが2つ以上ある時に、それぞれを独立に設定するやり方がわかりませんでした。

そこで、探してみると Nitrogen というソフトウェアが見つかりました。これは 次のような特徴があります:

  • Multihead, Xinerama対応
  • Start-up スクリプトで設定を呼び出して再設定できる(スクリプトモードがある)

他にも特徴があるようですが、この2つこそ、私が欲しい機能でしたので試してみました。

最初はGUIモードで立ち上げて、壁紙を設定します。dual-displayの場合は、それぞれに設定が可能です。いったん設定してApplyを押せば、設定が保存されます。

一回ログアウトしてしまうと、その壁紙の設定を再度 Nitrogenにやらせる必要があります。それには

nitrogen --restore

を実行することで以前の設定が再び呼ばれます。これはStart-up のスクリプトに記述しておいてX-Windowを起動するたびに自動的に設定させることが可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください