HDD 関係のエラーを吐きまくるのはSATAケーブルのせいかと思ったらHDD自身が死んでいた

1-2年前くらいからメインのLinuxマシンが調子悪くなりました。

最初はSATAケーブルが問題かと思って交換したのですが、その後別のエラーが出てディスクがマウントできずPC自身がブートしなくなるまで悪化してしまいました。

当初のエラー

使っていると、1週間ほどでhome ディレクトリが書き込み禁止になってマシンがフリーズします。 下のようなエラーがsyslog に大量に吐かれています。

Jul 15 08:19:22 xxxxx kernel: [61955.568800] ata8.00: status: { DRDY DF ERR }
Jul 15 08:19:22 xxxxx kernel: [61955.568803] ata8.00: error: { ABRT }
Jul 15 08:19:22 xxxxx kernel: [61955.569555] ata8.00: failed to enable AA (error_
mask=0x1)
Jul 15 08:19:22 xxxxx kernel: [61955.570525] ata8.00: failed to enable AA (error_
mask=0x1)
Jul 15 08:19:22 xxxxx kernel: [61955.570539] ata8.00: configured for UDMA/133 (de
vice error ignored)
Jul 15 08:19:22 xxxxx kernel: [61955.570566] ata8: EH complete
Jul 15 08:19:22 xxxxx kernel: [61955.592771] ata8.00: exception Emask 0x0 SAct 0x
0 SErr 0x0 action 0x0
Jul 15 08:19:22 xxxxx kernel: [61955.592778] ata8.00: irq_stat 0x40000001
Jul 15 08:19:22 xxxxx kernel: [61955.592785] ata8.00: failed command: WRITE DMA E
XT
Jul 15 08:19:22 xxxxx kernel: [61955.592795] ata8.00: cmd 35/00:48:a8:52:8d/00:03
:ae:00:00/e0 tag 17 dma 430080 out
Jul 15 08:19:22 xxxxx kernel: [61955.592795]          res 61/04:48:a8:52:8d/00:03
:ae:00:00/e0 Emask 0x1 (device error)

SATAケーブルの交換

ネットで検索してみるとSATAケーブルがくさい。

そう言えば、SATAケーブルは自分で買ったことがなかったな、と。いつもオマケに付いてくるケーブルしか使ったことがない。

ということで、このマシンの全てのSATAケーブルを入れ替えました。

Amazonでおすすめだったのがこれ:

パッケージはこんな感じで色が黒かと思いきや…

開けてみると赤でした。

一週間ほど使って見てどうやらフリーズは解消したかと思いきや今度は別のエラーが出ました。

failed to enable aa (error_mask=0x1)

見慣れないエラーです:

failed to enable aa (error_mask=0x1)

これが出るとブート時にマウントできずマシンがブートできません。

How to Fix Error ata1.00: failed to enable AA (0x1 = error_mask によればハードウェア的な問題の可能性もありそうです。

ということでハードディスクの交換です。

今回はドスパラで購入

以前Amazonでハードディスクを購入した時はかなり心配な梱包でした。 大きすぎる段ボール箱に意味のないエアークッションが申し訳のように入っていて、段ボールを振るとハードディスクが動くのが分かりました。

実際、初期不良を掴まされたことがありましたので、今回はドスパラで購入です。 久しぶりにAmazon以外でPCパーツを購入しました。

今回買ったのはSeagateの3TB。 Seagate ST3000DM007 (3TB)

ちなみにAmazonのリンクはこちら。レビューを参照できるように貼っておきます。

ドスパラの梱包・発送の早さは文句なしです。24時間以内に発送です。

梱包は壊れ物表示のある箱で、中は隙間なくクッションを詰めてありました。

商品そのものの箱にもクッションが入っているので、さらに安心です。

段ボールの底にも、もちろんクッションが敷いてあります。

WDでもSeagateでも、輸送時の状況で初期不良や故障の確率が大きく変わることはあり得ます。 梱包が安心できる通販業者に頼むのが精神衛生上よろしいかと。

しばらくはこれで様子を見てみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください