ペロシ米下院議長の台湾訪問時記者会見での発言

だいぶ乗り遅れてます。訳してみたのはペロシ氏の訪台後すぐだったのですが、公開するか迷って忘れてました。

ペロシ氏も”Indo-Pacific”と言っていますね。

原文はこちら: Transcript of Pelosi Remarks at Press Event Following Bilateral Meeting with President Tsai Ing-wen of Taiwan

ありがとうございました。 総統閣下、そして今日ここにお集まりのリーダーシップに感謝いたします。

私は自分の代表団を誇りに思っています。 私たちは一体のようなものです。 外交委員会の議長であるミークス氏、退役軍人問題の議長である高野氏、通商委員会の副議長であるスザン・デルベネ下院議員、情報委員会のクリシュナモオルティ氏、外交・軍事委員会のキム氏です。 というのも、私が話をするとき、皆さんから温かい言葉をいただいたり、この招待状をいただいたりすると、議員の皆さんは本当に喜んで受け取ってくださるからです。 通路の両側、議事堂の両側で、米台関係に対する大きな熱意があります。

ちょっと整理してみよう。 40年前、台湾関係法は建設されました。 米台両国の間に強い絆を築くため、「一つの中国」政策に留意しつつ、統治、経済、安全保障という共通の利益を推進するためです。 台湾とその自由を守るために、私たちの皆さんとの連帯はこれまで以上に重要なものとなっています。

二国間会談において、我々は、民主主義と人権の擁護、個人の尊重、戦闘に関して我々のパートナーシップを深めるための重要な機会について議論しました。 まあ、戦闘については後回しにしましょう。

今申し上げた3つの分野は、安全保障、経済、ガバナンスです。 安全保障:私たちの関係は強固なものです。 そして、どうすればそれをより強固で最新のものにできるかを話し合いました。 経済:私たちは、可能性がある、そしてすぐにでも可能な貿易協定について話しました。 そして、ガバナンスでは、とりわけ、COVIDとの戦いにおいてリーダーシップを発揮した台湾に敬意を表したいと思います。 おそらくワクチン接種率が最も高い国の一つで、そしてCOVIDによる死亡者数も最も少ない国です。 まさに世界のモデルです。 これは科学に関する事柄ですが、地域社会が計画を受け入れるかどうかも重要です。 それがリーダーシップというものです。 ですから、私たち全員にとって、このような教訓を与えてくれたことに感謝します。

そして、この3つの分野を扱う中で、私たちはインド太平洋地域の経済的枠組みについて総統の導きに続いてここに来ています。 これは興味深いことで、私たちはこれを支持します。 安全保障、経済、ガバナンスという観点から、その部分に向けて、経済パッケージ、安全保障パッケージ、貿易協定と、それぞれ異なるセットを作りたいと考えています。 うまくいけば、それは目の前です。

これは私たちにとって重要な機会です。 なぜなら、私たち全員が熱望している台湾の目標を達成するために、どうすればより効果的に行動できるかを聞き、学ぶためにここにいるからです。 しかし、今回の訪問でそのことを十分に理解できたわけではありません。

繰り返しますが、女性初の下院議長が女性初の台湾総統に会うということは、私たちにとって大きな誇りです。 私たちはそのことに熱意をもっています。 そしてまた、私たちは代表団、そして私の同僚であるスザン・デルベネをとても誇りに思っています。 彼らは女性のリーダーシップに誇りを持つ時間を取りました。

繰り返しになりますが、私たちの代表団は明確なメッセージを送るためにここにやってきました。 アメリカは台湾とともにあります。 総統、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください