Linux kernel size の推移をグラフにしてみた

Linux カーネルのサイズをグラフにしてみました。

kernel.org のサイズを使いました。tar.xzのサイズをプロットしています。 bz2は2014年頃から使われなくなっているようです。

2005年から2009年くらいまでは開発ペースが遅くみえます。これは2.6系の時代です。 水平に推移するのはメンテナスバージョンです。2010年頃から増えていますね。

最初(version 1.2: 1995年5月7日)は 1.57 MB, 最近(version 4.12.3: 2017年7月21日)では94.6 MBとなっています。22年間で約60倍になっています。

グラフを作ってから似たようなことをやっているページを見つけました。

第82回 Linuxの成長過程をふりかえる[その1](玩式草子─ソフトウェアとたわむれる日々)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください