SGDs = 社会的(S)同調圧力(D)ゴリ押し(G)システム(s)

言い得て妙だったのでメモ。

S(社会的) D(同調圧力) G(ゴリ押し) s(システム)

民放FMでも連呼してますが、何かの流行病なんでしょうかね。なんでそんなに力を入れるのか分からないですね。

こういう時は高橋洋一さんのお話を聞いてみましょう。

美化に利用している:

自分の会社のイメージアップに利用「SGDsに則してやってます」

ファンドビジネス「SGDsの投資です」

言われて誰でも否定しづらい話

(フードロスは)アメリカが圧倒的に多い

(フードロスの割合は)もともとアジアは低い

SDGsに共通なのが「訓足れたい人の希望を満たす」ところ

放っておくと左の運動家がやるような話をビジネスに持ってくる側面もある。

(SDGsは)格好付けたいし、企業イメージ良くするくらいの話

聞いているふりして聞き流しておけば良い

SDGsの元々は環境派。環境派の元々は共産主義やっていた。ベルリンの壁が壊れて共産主義が行くところがなくなってああいう形でやっている。

左巻きの自己満足運動が原点ということでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください