MATLAB: Symbolic Math Toolboxのsymとsyms

MATLABにはMathmatica的にシンボリックに計算できるツールボックスSymbolic Math Toolboxがあります。

シンボリックなオブジェクトを生成するコマンドは”sym”と”syms”があります。この二つの違いをまとめてみました。

 symsyms
x = sym(‘x’);syms x;
シンボリック変数の宣言時の振る舞いシンボリック・オブジェクトを”参照”シンボリック・オブジェクトを”作成”
同じ名前、または異なる名前で代入同じ名前で自動的に代入
既定の仮定変数を宣言しても既定の仮定は消去されない変数を宣言すると既定の仮定は消去される
複数のシンボリック変数の宣言MATLAB変数を一つずつ宣言し、それぞれのMATLAB変数にシンボリック変数を参照させる複数のシンボリック変数を1行で作成できる
入れ子関数でのシンボリック変数の宣言入れ子関数でシンボリック変数を宣言するときはsym入れ子関数ではsymsで動的に変数を追加できない

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください