KEEP / KEEP ALIVE

1994年のKEEPのライブ盤。和田アキラが絶好調。この絶好調期の和田アキラと深町純の演奏が聴けるのがとても嬉しいです。 一部はのちにPRISMのライブ(PRISM HOMECOMING Vol.3)でも聴けますが、このKEEPのライブ盤には敵わない。

1994年はPRISMの活動としては例の3部作(“Mother Earth”, “Rejuvenation”, “A Personal Change”)を出した後で少し落ち着いている時期ですね。渡辺健が燃え尽きたと言っていた時期。

一方でこの3部作前後の時期は和田アキラは新しいことにチャレンジして成長したようです。(インタビューでそういう意味のことを言っていたと記憶しています。)

そういう時期なので、ギターはとても充実しています。全体的に弾きまくり。アーミングが絶妙だったり、アウト気味なフレーズで緊張感があったり。ところどころピックが低音弦にこすれる音がたまらんです。

全体を通してギターの音は歪みが程よくて潰れず抜けが良いです。 クリーン・サウンドもよく聴こえます。

和田アキラが好きな人は買いです。入手できるうちに買っておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください