IRSEMのレポート: CHINESE INFLUENCE OPERATIONS 沖縄への言及

IRSEM フランス陸軍士官学校戦略研究所 のレポート(CHINESE INFLUENCE OPERATIONS)ではニューカレドニアと沖縄への中国の干渉についての記述があります。 あと、玉城デニーについて言及があります。 英語版レポートのリンクはこちら

ニューカレドニアと沖縄についての記述は399ページからです。中国が他国に干渉しているのは事実で、じわじわと浸食されている状況と言えます。

1. 独立賛成派の動き ニューカレドニアと沖縄

独立運動を奨励することは、市場シェアを回復し、潜在的な敵対者をより脆弱にしようとする北京のアジェンダに合致する。この二つの目標は、この二つの例に見られるように、相互に排他的でない。

まず ニューカレドニア。2018年のニューカレドニアの独立を問う住民投票に中国が干渉した疑いがあり、北京は独立賛成派の動向を注視していることが知られている(2020年の住民投票でも確認されたことだが)が、それはまさにニューカレドニアの独立が事実上、中国の影響下にあることを意味する。このことは、党・国家に2つの重要な利益をもたらす。第一に、中国はニューカレドニアを「中国の反包囲戦略の要」とすることができ、同時にオーストラリアを「ヌメアに依存するだけでなく、北京はポートモレスビー、ホニアラ、ポートビラ、スバにも依存できるため」 、中国への原材料(ニッケル)の供給も確保することができる。つまり、北京が現地の政治・経済エリートとの関係を維持しながら独立を推し進める理由はいくつかあるのだ。「中国は内部から経済をコントロールし、政治家や部族指導者に接近することで前進する。中国の戦略は完璧に整備されており、アジア太平洋地域の他の場所でもうまくいっている」。

その元会長であるカリーヌ・シャン・セイファンは、独立派指導者の元参謀長であり、「その前の二人の参謀長が同協会の重要なメンバー」であることに注意しなければならない1305。一般に、中国の「ディアスポラとその代表組織、少なくともその一部は、一部の独立派関係者と極めて親しい」1306。 カリーヌ・シャン・セイ・ファンは、住民投票の1年前の2017年10月に、駐仏中国大使を同島に招聘した。大使は配偶者と何人かの顧問と一緒にそこで一週間を過ごした。「彼らは皆に会い、我々が何を必要としているかを尋ねた:観光、水産養殖、関心を持てるものなら何でも提供した」と国会議員のフィリップ・ゴメスは回想している。

沖縄もその一つである。日本には強いナショナル・アイデンティティがあり、島国根性すらある(→P.191)。しかし、沖縄は–琉球列島全体と同様に–第二次世界大戦中に日本軍によって住民が虐待されたため、例外的な存在である。国民は日本というテーマで分裂している。そして、親中感情が蔓延し、中国との貿易で利益を得ている住民の存在によって支えられている。北京にとって、これは弱点であり、戦略的なチャンスである。これらの島々によって、そこに存在する日本人とアメリカ人の両方を妨害することができ、一石二鳥となるのである。

沖縄はそのような作戦を行うための肥沃な土地である。なぜなら、沖縄には米軍基地の存在に敵対する独立推進派がすでに存在しているからだ。2018年10月に玉城デニー氏が知事(アメリカのプレゼンスに長年反対していた)に選出されたことからもわかるように、島の大多数は反東京、反中央政府である。それゆえ、沖縄県は一部部隊(海軍、空軍)の退去を主張している。将来、沖縄が一方的に独立を宣言するリスクを、東京都は重く受け止めている。同時に、”中国は外交、偽情報、米軍基地近くの島北部への投資を通じて、この目的を後押ししている “という。

2013年、Global Timesはすでに、北京が潜在的に「沖縄の琉球列島の独立回復を求める勢力を育成し」、そうすることで「日米同盟から中国を守ろうとし、国の一体性を脅かす」ことについて警告した(1309)。2016年12月、日本の公安調査庁は、中国の大学やシンクタンクが沖縄の独立派活動家とつながりを育もうとしていることを明らかにした。一方、中国のマスコミは、沖縄における日本の主権を疑問視する記事を定期的に掲載している。細谷雄一教授によれば、北京は「沖縄の独立と米軍撤去を推進するために沖縄の世論に影響を与えている」 という。

「また、中国と沖縄の経済的な結びつきも強まっています。天然資源が豊富で、米軍基地がある沖縄の北部地域には、中国の投資家が進出しています。また、近年、沖縄への中国人観光客は大幅に増加しており、中国の都市と沖縄の間で姉妹都市関係が結ばれることも増えています。中国政府は、旧沖縄王室のメンバーにも積極的に求婚している。2018年には、最後の琉球王の曾孫であるSho Masamuが中国を訪問した。同年3月、Masamu は22人の代表団を率いて福建省を訪れ、4日間の「根回し」ツアーを行った(同時に、沖縄と中国の歴史的関係を探る会議も開催された)」 北京は、中国の研究者やシンクタンク(社会科学院)と独立派活動家との関係も構築する:彼らを中国に招待してイメージ向上を図り、プラットフォームを提供するのである。

また、沖縄の独立派や米軍基地反対派と、憲法9条改正(戦争放棄)や自衛力強化に反対する左翼・平和主義者の間には、収斂が見られる。したがって、北京はこれらの運動も支援しており、日本の軍事的発展を阻害・抑制することで中国の思惑にうまく合致している。特に、日中和解を目指す仏教団体「創価学会」とその政党「公明党」がそうである。その結果、例えば、日本の左翼活動家や平和主義者が沖縄の米軍基地に反対する中国語の記事を共有することは日常茶飯事になっている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください