Dave Grusin / Lee Ritenour ‎– Harlequin

ぼくの大学のジャズ研ではさっぱり人気のなかったリー・リトナーで一番好きなのが、このアルバムです。

(たぶん)リトナーの心の師匠的なデイヴ・グルーシンとの共作です。

イヴァン・リンスがボーカルで参加していて、ブラジリアンな雰囲気が満載です。

ブラジリアンなリトナーのアルバムと言えば”Rio”がありますが、このHarlequinの方が落ち着きがあり、もっと涼しげです。 ラテン系のパーカッションが入ってないためでしょうね。

ギターについて言えば”Rio”と同様にナイロン弦が中心ですが、サウンドがより洗練されています。 エフェクター臭いという向きもあるかと思いますが、ナイロン弦サウンドのお手本の一つかと。

曲はグルーシンが3曲、リトナーが2曲、イヴァン・リンスが2曲、ハーヴィー・メイソン/マイク・ラングが1曲。 ゆったりした曲が多いです。ナイロン弦は夏が似合うな、と。 なによりガットギターとグルーシンのピアノの絡みが絶妙です。シンプルな旋律でやさしく見守るようなピアノも聞いて欲しい。

リー・リトナーはフュージョンの人ってイメージが強いかも知れませんね。でも、実際にはフレーズはかなりジャズっぽいと思うのです。 どんな曲でもターンアラウンドのところはもろにII-Vなフレーズを連発します。

ぼくのお気に入りは”Grid Lock”です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください