松岡直也 / JUNE JULY AUGUST

この季節にぴったりな松岡直也のアルバムです。ジャケットが素晴らしい。

曲も捨て曲なしの佳曲揃いでおすすめです。各曲には英語のタイトルと日本語のタイトルが添えられていてイメージが膨らむ。

毎度のことながら、和田アキラが参加しています。(ちなみに和田アキラは1990年くらいまで参加して、その後は大橋勇武に変わっています。) そしてドラムが木村万作。

パーカッションはどうやらカルロス菅野はクレジットされていないですが、ペッカーとウィリー長崎は参加しています。 “A Lonely Sea Bird”でパーカッションがフューチャーされています。

和田アキラがかなりフューチャーされていて、松岡直也のアルバムのなかでもお気に入りです。 サウンドも夏っぽい。

“Transpacific Tour”, “The Chase”, “Dancing Serenade”はギターが大々的にフューチャー。 ソロもスリリングで、和田アキラの脂が乗り切った時期ですね。ついつい、これらの曲ばかり聴いてしまう…。

アルバム全体ではギターのカッティングは多く入っていて、ゆったりした曲での爽やかなプレイ、ハードな曲での鋭いリズムは、やはりこのバンドの要。 このプレイにあこがれてカッティングは練習したものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください