小松左京 / ゴルディアスの結び目

じつはこのサイトのタイトルは小松左京の「ゴルディアスの結び目」から取っています。 まんまにするのも芸がないので、少しだけヒネりました。

で、本のほうは結構昔に読んだつもりになっていましたが、改めて読んでみたら、面白い! 途中から俄然面白くて、エンディングに向かうところはグイグイ引き込まれてしました。

いまどきはSFはすっかり消えてしまい、ライトノベルがSFの領域をカバーするようになっています。 ライトノベル的な文章にすっかり慣れてしまった目で読むと、作者の主張が強いですね。 あと、あまり読みやすくはない部分はあります。

ところどころ「量子力学」とか何とか科学っぽい語りの部分は、実は読むのがツラい…。 なまじ知ってる側からすると、何を言いたいのか分からない部分が多いし。 当時はこういうのがないとSFっぽくなかったのかな。

まあそんな部分は置いておいて。小松左京は長編も良いですが、こういう短編も良い作品が多いですね。 短編の方が長々した科学っぽい部分が少ないですし。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください