古いノートPCを Devuan に migration したら X-window でマウスとキーボードが使えなくなった

Debian unstable が入った古いノートPCを 脱 systemd の Debian系ディストリビューション Devuan に migrationしたら、X-windowでハマったお話です。

PSA: X server is now running as regular user from debian

2:1.17.2-3からrootではなく一般ユーザーでXを実行するようになって logind が必要とあります。

systemdが入っていれば問題ないですが、Devuanは脱systemdが売りのディストリビューションです。 他のディストリビューションで素直にsystemdを使っていると気付かないでしょうね。

なので以下のことが必要です。

やったこと

  • xorg-xserver-legacy をインストールする
  • /etc/X11/Xwrapper.config に
    allowed_users=anybody
    needs_root_rights=yes
    
    を追記する
  • inputグループに自分のアカウントを追加する
    usermod -a -G input myaccount_name
    

実を言うとxdm などをインストールしてもOKです。ぼくはずっとxdm・GDMなどのディスプレイ・マネージャーは使わない派です。

Devuan はフツーに使えます

Devuan をインストールしてみた感想は「フツーに使える」です。

普段がKDEやGNOMEを使っていない人には全く違和感はありません。実用よりは理念を重視する感じです。

一つ不満を言えば、Devuan は systemd がないけど pulseaudioは使う点ですね…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください